上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
焼きイカめし(トップ)
(本文は【めし日記:焼きイカめし】です)

「男子ごはん」で紹介されていた『ケンタロウ流イカめし&イカのワタ炒め』に大感激!
私、今までイカめしに対して美味しいとも、食べたいとも思ったことがありません。
炊き込みご飯が苦手で、なので・・・アハハ。
でも、このレシピはトキメキました♪

ケンタロウさんのレシピをベースに、またまた勝手にアレンジ。
簡単で本当に美味しいので、これは我が家の定番料理にします!

焼きイカめし1

*** Recipe * レシピ ***

[材料](2人分)
イカ:2杯
餅米:1カップ(←炊きにくいので、私は2カップで炊きました)
実山椒:大さじ1
醤油、味醂、オイスターソース、日本酒:各大さじ1くらい(お好みで)
グレープシードオイル(焼き用):少々

[下ごしらえ]
イカ:胴と足に分けよく洗う。胴は軟骨を取り除く。足はくちばし、目、口、軟骨などを取り除き1cm幅に切る。ハラワタとスミは、小さいボウルにしごいて取り出す。(丸焼きなので、皮は両面ともそのままにしました)
醤油+味醂+オイスターソース+日本酒+イカのはらわた:合わせる。(はらわたソース)
餅米:水分を少なめに(1:0.9くらい)して炊く。炊き方は↓を参照ください。

[土鍋でご飯を炊く](浸水の部分は野崎洋光さんのレシピを参考にしています)
1)ザルとボウルでさっと米を洗い、ボウルで15分ほど浸水、ザルにあげて15分水切りする。
2)土鍋に米を入れ強火で炊く。(すでに浸水しているので、水:米=1:1で)
3)沸騰したら、極弱火にして10分、火を止めて10分蒸らす。
4)蒸らし終わったら混ぜ、蓋の下に濡れ布巾を挟さむ。

[つくりかた]
1)フライパンを熱してオイルをひき、ペーパータオルで水気を拭いたイカの足(ゲソ)を炒める。
2)色が変わったら、はらわたソースを入れ、軽く煮つめるように炒め取り出しておく。
3)ボウルに、炒めたゲソ+はらわたソース(ゲソに絡んでる分のみ)、炊きあがった餅米、実山椒をサックリ混ぜる。
4)イカの胴にもち米をしっかり詰め、爪楊枝で口を波縫いのように閉じる。
5)フライパンを熱してオイルをひき、イカを焼く。(蓋をして蒸し焼きに)
6)両面焼いたら、切って器にもりつけ、はらわたソースをかける。

焼きイカめし2

*(今のところ)大お気に入りの素材&調味料*
・料理酒:大木代吉本店 こんにちは料理酒
・醤油:三ツ星醤油
・味醂:三河みりん3年熟成本みりん
*** * *** * *** * ***

はらわたソースを混ぜたご飯の残りは、おにぎりにして。
これだけでも十分美味しい!!!

イカめしにぎり

今回は丸焼きで生食じゃないので、皮は残しましたがモチロンむいてもOK。
イカの皮を簡単にむくには、酢に3分ほど漬けるといいそうです。
(まだやってないんですが、詳細な手順はこちらに)

-----------------------------------------------------------------
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ 

ランキングに参加しています♪
スポンサーサイト
 
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

meshi

Author:meshi
メインブログ【めし日記】より、うちめしレシピのみを集めた《うちめし倉庫》です。

meshi:東京在住のメシ好き。器、下ごしらえ、盛りつけが大好き! 忘れっぽいのでブログにレシピをメモしてます。
クロ:呼び名はしょっちゅう変わるけど、今のところ同一人物のパートナー。撮影担当してもらってます。


掲載写真・テキストの無断使用はお断りします。
Copyright (c) 2004-2010 meshi All rights reserved.

QRコード

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。