上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
鶏の親子ライス
(本文は【めし日記:鶏胸肉の下ごしらえ・・・と、鶏の親子ライス】です)

パサパサで硬い肉や魚は、めちゃ苦手なんです。(誰でもそうだと思うけど)
いろいろ試行錯誤した結果、私的に一番簡単にジューシーになる下ごしらえのメモです。
どの肉でも同じ方法でしていますが、特に鶏肉に合うかも?
蜂蜜を塗ってるため、焦げやすいので要注意です!
一番パサつきやすい胸肉バージョンを。


鶏の親子ライス(アップ)


*** Recipe * 鶏胸肉の下ごしらえ&焼き方&茹で方 ***

[材料]2人分
鶏胸肉:1~2枚
蜂蜜:小さじ1~2くらい
林檎酢:大さじ1/2~2
(洗い用)日本酒or林檎酢:大さじ3くらい
(茹で用)欧風だしorコンソメ+水:鶏胸肉が浸るくらい

[下ごしらえ]
1)鶏胸肉に洗い用の日本酒or林檎酢かけ、さっと洗い流す。
2)ビニル袋に、鶏胸肉+蜂蜜+林檎酢を入れ、モミモミして20分以上そのままに。
 (焼く場合は、揉み込む前に皮の方からフォーク等でいっぱい刺しておく)
3)ペーパータオルで包み、水分をよく拭き取る。

[焼き方]
4)水を張って温めた魚焼きグリルで、皮目から焼く。(中火くらい)
5)表面に軽く焦げ目がついてたら、ひっくり返して裏面も焼く。
6)裏面も軽く色づいたらアルミホイルをかぶせて弱火して、じっくりと20~30分くらいかけて焼く。
7)アルミホイルをはずし、皮をカリっと焼いてから火を消す。
8)そのまま魚焼きグリル内で、アルミホイルをもう一度かぶせて寝かす。
9)肉汁が落ちついたころ(触れる程度まで冷めたころ)、食べやすい大きさにそぎ切りする。

(焼き方改良メモ:焼く前に一度湯引きしてから焼くと、皮も焦げずに縮みにくいかも? 挑戦予定!)

[茹で方]
4)鍋に鶏胸肉+欧風だし+水を入れ、加熱する。
5)沸騰直前に火を止め、そのまま放置して、余熱で火を通す。
6)冷めたころ、食べやすい大きさに切る。
 (皮目だけ、魚焼きグリルやフライパンでさっと焼いてもOK)

*(今のところ)大お気に入りの素材&調味料*
・蜂蜜:父蜜
・リンゴ酢:美濃 有機純りんご酢
・出汁:欧風だし
*** * *** * *** * ***

この手順ですれば、胸肉でもしっとりジューシーになります。
焼いた胸肉は、親子ライスにしました♪


鶏の親子ライス(上)


*** Recipe * 鶏の親子ライス ***

[材料]2人分
焼いた胸肉:1~2枚
卵:2個(半熟塩煮玉子の作り方は、改良後アップ予定)
米:食べたいだけ
パセリ:少々
タレ:お好みで

[下ごしらえ]
卵:半熟塩煮玉子を作る。(プチ失敗! 改良予定)
米:炊いておく。(土鍋でご飯の炊き方はコチラ。写真のご飯は、焼きイカめしのときの残りの餅米)
パセリ:みじん切り。

[作り方]
1)炊いたご飯とパセリを混ぜる。
2)半熟塩煮玉子を半分に切る。
3)全てを盛りつけ、食べる直前に好みのタレをかけて完成。

*** * *** * *** * ***

タレは何でもOKです。
写真取り忘れたけど、この時は味噌胡麻ダレでいただきました。

-----------------------------------------------------------------
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ 

ランキングに参加しています♪
スポンサーサイト
 
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

meshi

Author:meshi
メインブログ【めし日記】より、うちめしレシピのみを集めた《うちめし倉庫》です。

meshi:東京在住のメシ好き。器、下ごしらえ、盛りつけが大好き! 忘れっぽいのでブログにレシピをメモしてます。
クロ:呼び名はしょっちゅう変わるけど、今のところ同一人物のパートナー。撮影担当してもらってます。


掲載写真・テキストの無断使用はお断りします。
Copyright (c) 2004-2010 meshi All rights reserved.

QRコード

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。