上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
柚子林檎:グラス

先日、ciceroneさんにいただいた『柚子林檎』
すごくウマカッタので、作ってみました!
砂糖があんまり入っていないので、もしかしてジャムじゃないかも?
じゃあ何?・・・と聞かれると困るので『柚子林檎』ってことで。ムフフ
(『林檎と柚子のジャム』から改名。椎名林檎みたいでよろしいかと♪)

皮は栄養や旨味もある反面、農薬残留が心配なので、林檎&柚子は自然食品のお店で有機栽培のものを購入。
甘みはグラニュー糖がキレイに仕上がるらしいのですが、我が家に無かったので他のモノで代用しました。(このためだけに買うには勿体ないかなっと・・・えへへ)
あっ! 酸味が強いので、鍋はホーローorガラス製のもので。

ちょっと教えてもらったのとは違うけど、だいたいこんな感じデス。(たぶんね)
ciceroneさんのはトロンとしてたので、もっと煮詰めても良かったかな?


*** Recipe * レシピ ***

[材料]
林檎:3個
柚子:2~3個
尚和三盆糖:大さじ2くらい(味見してお好みで。他の甘みでもOK)
100%林檎ジュース:100ccくらい(出来れば国産有機栽培のモノで)
柚子果汁:味見をして必要であれば(出来れば国産有機栽培のモノで)

[下ごしらえ]
柚子:ブラシなどでよく洗って皮を薄く剥き、皮は千切りに、果汁は搾って鍋に。
林檎:ブラシなどでよく洗って皮を剥き、果肉は8ツ割に。柚子の入った鍋に入れ(変色防止に)、よく混ぜておく。皮をみじん切りにして、同様に鍋に入れておく。(無農薬の林檎でなければ皮は入れません)

[つくりかた]
1)柚子と林檎の鍋を火にかけ、尚和三盆糖を加える。
2)林檎ジュースを少しずつ加えながら、焦げないように混ぜながら煮詰める。
3)林檎が柔らかくなってきたら、ヘラでつぶしながら水分が無くなるまで煮詰める
 (途中味見して必要であれば柚子果汁を。私は大さじ2くらい追加しました)

*** * *** * *** * ***


ポイントは焦がさないこと! by ciceroneさん

ジャムやマーマレードに比べて甘みは極端に少ないけど、林檎ジュースの甘みで全然大丈夫でした。
日持ちはしないと思うので、2週間くらいで食べきるつもりです。(冷凍してもいいかも?)
次回は、柚子皮をもっとたっぷり入れちゃおうっと♪

林檎の皮を入れたのは、皮には天然のペクチンが含まれてて整腸作用があり、トロっとなるらしいので。植物性ゼラチンですね♪
それに、果肉と比べて「約4倍のポリフェノール」が含まれているとのこと。捨てるなんてと~んでもない!

でも、大きいまま入れると口当たりが悪いし、加熱してからミキサーにかけると果肉までなめらかになってしまう。う~ん。
・・・ってことで、林檎の歯触りを楽しみたい私は、面倒だけどみじん切りに。オホホ

あと、lukesさんのジャムがとってもキレイな赤だったので、赤くなるかな?と狙ったのですが、違ったみたい・・・。
lukesさん、どうやって赤くしたの~~! 教えてぇ~~~!! ぜぇぜぇ
(別にこのままの色でも、充分なんですけどね。えっへっへ)



柚子林檎:三角器


こちらが初日の柚子林檎。トップ画像は4日目なので、少し色が落ち着いてきたかな?
これ、林檎や甘みの種類を替えて、いろんな味が楽しめるのでタノシー♪
たぶん料理にも使えるよね? 豚肉とか合いそう。
ありがと~、チェチェちゃん。
セミドライ・トマトに引き続き、『柚子林檎』も自家製決定!

-----------------------------------------------------------------
にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ ランキングに参加しています♪
スポンサーサイト
 
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

meshi

Author:meshi
メインブログ【めし日記】より、うちめしレシピのみを集めた《うちめし倉庫》です。

meshi:東京在住のメシ好き。器、下ごしらえ、盛りつけが大好き! 忘れっぽいのでブログにレシピをメモしてます。
クロ:呼び名はしょっちゅう変わるけど、今のところ同一人物のパートナー。撮影担当してもらってます。


掲載写真・テキストの無断使用はお断りします。
Copyright (c) 2004-2010 meshi All rights reserved.

QRコード

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。