上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
昆布海老ヘッド出汁のお味噌汁

素敵な(=見目麗しい&お手頃価格)頭付きの海老を入手できたときは、必ずヘッド焼きでスープを作ります。
今回は、海老風味のお味噌汁に♪


*** Recipe * レシピ ***

[材料]
海老の頭と殻:10尾(本当は20尾くらいあると良いのですが)
特醸白味噌&五穀味噌:大さじ2~3&大さじ1~2くらい(味見しながら適当に)
水出し昆布出汁:1リットルくらい(昆布+水)
タマネギ:1/2個(ナチュラルな甘みのために。出汁用)
長ネギ:1/2本
菜花:1/2束
インカのめざめ:2個

[下ごしらえ:昆布海老ヘッド出汁]
1)前日より、たっぷりの水に渇いた布巾で汚れを拭きとった昆布を入れて、冷蔵庫で保存。(普通に昆布で出汁をとってもOKです)
2)海老のヘッドと殻を軽くグリルorフライパンで焼く。(この行程は無くてもOKですが、焼いた方が香ばしい海老出汁になるはず!)
3)鍋に水出し昆布出汁を沸かし、灰汁を取る。
4)焼いた海老のヘッドと殻、タマネギを鍋に入れ、弱火でゆっくり出汁をとる。
5)こまめに灰汁を取り、濾しておく。

[下ごしらえ:野菜]
長ネギ:斜めに小口切り。
インカのめざめ:皮を剥いて一口サイズに切って、軽く水にさらす。
菜花:4~5cmくらいに切りそろえる。

[つくりかた]
1)昆布海老ヘッド出汁を再沸騰させ、菜花をサッと茹で、平ザルに取り出しておく。
2)インカのめざめを入れ、灰汁を取りながら煮る。
3)インカのめざめの中まで火が通ったら、長ネギを入れて火を止め、味見しながら白味噌&五穀味噌を溶く。
4)軽く温めなおして器によそい、菜花と海老ヘッドをトッピングする。

*** * *** * *** * ***


黒幕がうるさいので、なるべく動物性(イノシン酸)+植物性(グルタミン酸)など、2つ以上のうま味成分を合わせるようにしています。
狙え、うま味の相乗効果!!!
私、動物性分無しに出汁をとりがち(グルタミン酸とグアニル酸とか)なんですよね。アハハ
今回は、昆布出汁(イノシン酸)ベースに、海老出汁(グルタミン酸)なので、完璧・・・かな?

<主なうま味成分>(詳細は日本うま味調味料協会のココを参照ください)
・グルタミン酸:昆布、トマト、チーズ、干し鮑、干し海老など
・イノシン酸:鰹節、煮干し、鶏、豚など
・グアニル酸:干しシイタケなど
・コハク酸:貝類



海老とnuco手


こちらが素敵海老。
黒幕の手がデッカイので、実際の素敵海老はもうちょっと大きいです。

海老は、まず身からいただいちゃいますよね~。
身を調理している間に、軽くグリルでヘッドを焼いて冷凍してます。
焼かなくっても全然OKなんですが、生臭いのが苦手なので、ついつい・・・エヘヘ。
鮮度のイイ素敵海老だと、全く問題ないと思いマス。
冷凍した焼きヘッドは、トマト・ポタージュや、パスタソースなどに♪


そうそう、コレ、密かにインカシリーズなのです。フフフ

《インカシリーズ》
1:ポルチーニ&トマトのリゾット(インカのめざめ入り)
2:インカのおこわ
3:秋の根菜ポトフ
4:インカのポタージュ
5:インカと牡蛎のグラタン
6:インカのスペイン風オムレツ
7:インカ&トマトの出汁卵焼き
8:赤&黄色のパスタ
9:昆布海老ヘッド出汁のお味噌汁

-----------------------------------------------------------------
にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ ランキングに参加しています♪
スポンサーサイト
 
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

meshi

Author:meshi
メインブログ【めし日記】より、うちめしレシピのみを集めた《うちめし倉庫》です。

meshi:東京在住のメシ好き。器、下ごしらえ、盛りつけが大好き! 忘れっぽいのでブログにレシピをメモしてます。
クロ:呼び名はしょっちゅう変わるけど、今のところ同一人物のパートナー。撮影担当してもらってます。


掲載写真・テキストの無断使用はお断りします。
Copyright (c) 2004-2010 meshi All rights reserved.

QRコード

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。