上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
秋刀魚のソテー・カレー風味

鶏のレモン焼き」で残ったタマネギのタレ。
もったいないので、翌日の秋刀魚のお供に付けてみました~。
大根おろしの代わりだけど、たっぷりのレモン果汁がタマネギに馴染んで、かなり美味しかった!(自己満足)

カレー風味って、男性&子供が好きな味付けですよね~。
黒幕からリクエストされまくってて、数年越しに応えてみました。(数年間放置してた)
YOMEちゃんもよく使ってるので試したところ、思ってたより全然美味しい♪
今回はほんのり薫る程度だったので、タマネギのタレが際立っていい感じ。

実は、私はカレー味に興味があんまり・・・カレーは好きなのですけどね。えへへ
美味しいってわかったので、今後の課題にします!


*** Recipe * レシピ ***

[材料]2人分
秋刀魚:2尾
小麦粉(or片栗粉)、カレーパウダー:各大さじ2
塩:少々
グレープシードオイル(炒め用):大さじ2
タマネギのタレ:「鶏のレモン焼き」の残り

[下ごしらえ]魚をおろせないので適当です。
秋刀魚:よく洗って、頭を切り落とし半分に切る。内臓をクッキングペーパーと割り箸で押し出し、よくふき取る。両面にふり塩をして、20分ほど冷蔵庫へ。(切り口を水にさらさない方がいいらしいのでクッキングペーパー大量に使ってしまってます)
タマネギのタレ:小さいフライパンで再加熱して、味を調えておく。

[つくりかた]
1)秋刀魚の水分をクッキングペーパーで拭きとり、4cmくらいの食べやすいサイズに切る。(切らなくてもイイんです。盛り付けやすいので切っただけっす)
2)小麦粉、カレーパウダー、塩をブレンドした粉を軽く付けて、フライパンで焼く。(脂が大量に出るようでしたら、クッキングペーパーで拭きながら)
3)焼き上がったら、クッキングペーパーの上に取り出し、脂を落としてから盛りつける。

*** * *** * *** * ***


タマネギのタレは、秋刀魚が暖かいので冷たくない方がいいかな?ってことで、温めてから別盛りにして添えました。

カレーパウダーは、イギリスのシェアウッドのマイルドタイプ。
う~~んとね、これもジャケ買いです。あはは
写真は撮ってないんですが、カレーパウダーっぽくない風貌がステキ。
あっ、でも、他のメーカーのカレーパウダーより、薫りがいいかも。マイルドだし。

毒チェック(材料確認)してみたところ・・・。

コリアンダー、コロハ、ウコン、クミン、食塩、にんにく、玉ねぎ、
米粉、辛子、シナモン、クローブ、しょうが、パプリカ、胡椒、
唐辛子、ウイキョウ、香辛料


でも、コリアンダーが一番に書かれてるってことは、一番含有量が多いんだよね。
だから、薫りが好きなのかも。ふむふむ
香辛料って何だ? 米粉も入ってる? へぇ~。

マイルドタイプだったので、もっと入れても良かったかな。
次回、ソテーやサラダに入れるときは、もっとしっかり入れようっと。

器は夏に作ったモノです。
小判焼きの時にも使ったけど、盛り付けるのはやっぱり和モノが似合うかな?
奥の小皿もそのとき一緒の時に作ったモノ。色合いが似てるのでセット使用が多いです。

そうそう、魚をおろせない私の内臓抜きで良いことが一つだけ。
お腹を裂かないので、焼いたあともウエストラインがキレイ♪・・・って、誰もそんなこと気にしないか? あっはっは

-----------------------------------------------------------------
にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ ランキングに参加しています♪
スポンサーサイト
 
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

meshi

Author:meshi
メインブログ【めし日記】より、うちめしレシピのみを集めた《うちめし倉庫》です。

meshi:東京在住のメシ好き。器、下ごしらえ、盛りつけが大好き! 忘れっぽいのでブログにレシピをメモしてます。
クロ:呼び名はしょっちゅう変わるけど、今のところ同一人物のパートナー。撮影担当してもらってます。


掲載写真・テキストの無断使用はお断りします。
Copyright (c) 2004-2010 meshi All rights reserved.

QRコード

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。