上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
牡蛎の昆布蒸し

1年前の岐阜・伊勢・志摩・京都旅行ではまって以来、相変わらず牡蛎に夢中な私♪
昔、牡蛎であたって3日で3kgやせてから、あんまり食べていなかったんですが、“扇谷”で牡蛎を食べてからは大好きになっちゃいました。単純? あはは

『そとめし』では“三州屋銀座店”のカキフライが今のところ一番のお気に入り。
希望を言えば、タルタルにしてくれたら最高なんだけどね。今年はまだ食べて無いなぁ。(お腹空いたよー)

『うちめし』では、10月以降何度も食卓に登場してます。
しか~し、黒幕がタルタル星人のため、ほとんど「そば粉ソテー」。

いい加減違う調理を・・・と探していたところ、「Healthy Tomy の晩ご飯日記」のTomyちゃんのところで発見しました。
牡蛎の昆布蒸し・・・なんだか簡単で、メタメタ美味しそう♪
Tomyちゃん、ありがと~。二夜連続で作っちゃったよ~。アレンジもしちゃったよ~。
この手の料理は得意でしょ? 今後も期待してますのでヨロシク♪


*** Recipe * レシピ ***

[材料]2~3人分
加熱用牡蛎:15個くらい(殺菌処理されていない加熱用の方が美味しいらしいので
オーサワジャパンの利尻昆布:5×20cmを2枚(牡蛎の量に合わせて)
ぽん酢、大根おろし、cayra七味唐辛子、お好みの薬味:適量
牛乳、水、片栗粉、塩(下ごしらえ用):適量
日本酒:少々

[下ごしらえ]
1)加熱用牡蠣をサッと水洗いし、牛乳と一緒にボウルに入れ、冷蔵庫に。
2)30分ほどで牛乳を捨て、水と片栗粉と塩を入れ、優しく混ぜる。
3)流水をボウルにためながら、牡蛎を丁寧に振り洗いする。(私は2・3を2回繰り返してます)

[つくりかた]
1)分量外の水を鍋に入れ、蒸し器をセットし、強火で沸かす。
2)固く絞ったキッチンペーパーなどで昆布の表面をさっと拭き、軽く蒸す。
3)柔らかくなったら、蒸し台(?)を取り出して、昆布を広げ牡蛎を並べ、日本酒を振りかけて蒸す。
4)2~4分蒸して完成。(蒸しすぎに注意!)
5)昆布のまま器に盛りつけ、大根おろし、ぽん酢、七味唐辛子、お好みの薬味で。

*** * *** * *** * ***


牡蛎が良かったせいか、昆布のせいか?
とにかく牡蛎独特の臭みが消えて、メタメタ美味しい!
短時間でさっとできるので、平日の忙しい夜にも嬉しい一品です。

しかも、最近お気に入りの『cayra七味唐辛子』が大活躍。ウキキ


cayra七味唐辛子

『cayra七味唐辛子』は、山椒が効いててとってもさわやかな薫りがして、本当に美味しい!
以前、友人にもらった祇園七味も美味しかったなぁ~。でも、こっちの山椒の薫りにメロメロ!
それに“anew”で取り扱ってるので便利なのさっ。

つーことで、毒チェック(原材料確認)はもちろんグッド。好きなのばっかりデシタ♪

唐辛子、黒ゴマ、山椒、チンピ、青海苔、ポピーシード、麻の実


あ~~~! 牡蛎に日本酒ふってから蒸すの忘れたかも。次回は必ず!


《牡蠣・うちめし》
1:牡蠣の下ごしらえ・・・と、牡蠣雑炊
2:インカと牡蠣のグラタン
3:牡蠣のバター醤油かぼす&マヨチーズ焼き
4:牡蠣のバター醤油ソテー
5:牡蠣の白味噌椀
6:牡蠣の昆布蒸し・・・とcayra七味唐辛子
7:牡蠣のソテー
8:牡蠣のフリッター&白味噌ミルクシチュー
-----------------------------------------------------------------
にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ 

ランキングに参加しています♪
スポンサーサイト
 
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

meshi

Author:meshi
メインブログ【めし日記】より、うちめしレシピのみを集めた《うちめし倉庫》です。

meshi:東京在住のメシ好き。器、下ごしらえ、盛りつけが大好き! 忘れっぽいのでブログにレシピをメモしてます。
クロ:呼び名はしょっちゅう変わるけど、今のところ同一人物のパートナー。撮影担当してもらってます。


掲載写真・テキストの無断使用はお断りします。
Copyright (c) 2004-2010 meshi All rights reserved.

QRコード

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。