上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
夏野菜の滋味カレー

胃の調子がイマイチだったので、見た目通り辛さ控えめの滋味味に仕上げました。

緑が無さ過ぎ? あはは
しかも、白米が無かったのよね~~~。
いつも通り玄米雑穀黒豆ご飯にしたら、見た目はマクロビカフェのカレーセットみたい?
でも、豚肉ガッツリなのだ!

セミドライ・トマト玉葱之姿汁用の鶏の和風スープストックを作りながら作ったので、ルーを使った簡単カレーです。
キッチンをウロウロした時間・・・合計5時間!!!
もちろん途中で読書タイム有り。待ち時間がなが~~いの。


*** Recipe * レシピ ***

[材料]
豚肉(バラ塊):500gくらい
タマネギ:1個
ショウガ:3cmくらい
ナス・エリンギ・カボチャ・トマト・セロリなど:お好きなだけ
スープストック:挽肉と野菜が浸るくらい(『玉葱之姿汁』用に仕込んだモノ)
“エム・トゥ・エム”生野菜をじっくり炒めたカレールー:1袋
ドライ・マンゴ:5個くらい(無添加のものがあったので)
セミドライ・トマト:15~20個くらい(もっと入れても良かったかも?)
クコの実:20粒くらい
塩・黒こしょう:少々
オイル:大さじ5くらい(豚肉と野菜を焼く用に)
ローリエ:1枚
玄米雑穀黒豆ご飯:好きなだけ(本当は白いご飯の方が、色バランスがいいかも?)

[下ごしらえ]
豚肉(バラ塊):よく洗ってキッチンペーパーで水分を拭きとり、日本酒と塩を揉みこみ、4cm角の大きめのブロックに切る。
タマネギ、セロリ:よく洗って、薄切りに。
ショウガ:みじん切り。
トマト:洗って湯剥きして、乱切りに。
ナス:洗って、輪切りに。
エリンギ:濡れたキッチンぺーパーでさっと拭いて、縦半分に。
カボチャ:レンジで少し温めて、縦5mmくらいの薄切りに。
ドライ・マンゴ:洗って、千切りに。
クコの実:洗っておく。

[つくりかた]
1)フライパンに多めのオイルでひいて、豚肉に焼き目を付ける。(特に脂身)
2)鍋で、ショウガ、タマネギ、セロリを弱火でゆっくり炒める。
3)キツネ色になるくらいに炒めたら、豚肉、ローリエ、スープストックを入れて煮込む。(スープストックは具がかぶるくらいに)
4)こまめにアクを取り、トマト、クコの実、ドライ・マンゴ、セミドライ・トマトを入れ、ひたすら煮込む。(30分~1時間くらい)
5)火を止めてルーを溶かし、再度加熱して10~20分程煮込む。(鍋底が焦げ付かないように混ぜながら)
6)(できれば、ここで完全に冷ましてから、再加熱すると美味)
7)煮込んでいる間に、ご飯を炊き、ナス、カボチャ、エリンギを焼き、盛りつけて完成。

*** * *** * *** * ***


そうそう、トマト缶もストックが無かったので入ってませんが、普段は必ず1缶ぶち込みます♪
でも、セミドライ・トマトが入っているので、いらないかな?
普段はこんな感じでスパイスたっぷりなんだけど、この時は胃が疲れてて、舌にきちゃってダメ。(舌の横側が小刻みに割れてたの)
ってことで、子供もOKな優しいカレーになっちゃいました。(スパイシーさゼロ?)

-----------------------------------------------------------------
にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ ランキングに参加しています♪
スポンサーサイト
 
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

meshi

Author:meshi
メインブログ【めし日記】より、うちめしレシピのみを集めた《うちめし倉庫》です。

meshi:東京在住のメシ好き。器、下ごしらえ、盛りつけが大好き! 忘れっぽいのでブログにレシピをメモしてます。
クロ:呼び名はしょっちゅう変わるけど、今のところ同一人物のパートナー。撮影担当してもらってます。


掲載写真・テキストの無断使用はお断りします。
Copyright (c) 2004-2010 meshi All rights reserved.

QRコード

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。